医療事故調査制度の概要

➍センターへ報告(医療事故発生時)

Last Update:2017年3月28日

センターへの医療事故報告に関する報告方法、報告事項について(医療事故発生時)

法律 医療法

第6条の10

病院、診療所又は助産所(以下この章において「病院等」という。)の管理者は、医療事故(当該病院等に勤務する医療従事者が提供した医療に起因し、又は起因すると疑われる死亡又は死産であつて、当該管理者が当該死亡又は死産を予期しなかつたものとして厚生労働省令で定めるものをいう。以下この章において同じ。)が発生した場合には、厚生労働省令で定めるところにより、遅滞なく、当該医療事故の日時、場所及び状況その他厚生労働省令で定める事項を第6条の15第1項の医療事故調査・支援センターに報告しなければならない。

省令 医療法施行規則

第1条の10の2

2 法第6条の10第1項の規定による医療事故調査・支援センターへの報告は次のいずれかの方法により行うものとする。
(1)書面を提出する方法
(2)医療事故調査・支援センターの使用に係る電子計算機と報告をする者の使用に係る電子計算機とを電気通信回線で接続した電子情報処理組織を使用する方法

3 法第6条の10第1項に規定する厚生労働省令で定める事項は、次のとおりとする。
(1)病院等の名称、所在地、管理者の氏名及び連絡先
(2)医療事故(法第6条の10第1項に規定する医療事故をいう。以下同じ。)に係る医療の提供を受けた者に関する性別、年齢その他の情報
(3)医療事故調査(法第6条の11第1項に規定する医療事故調査をいう。以下同じ。)の実施計画の概要
(4)前各号に掲げるもののほか、当該医療事故に関し管理者が必要と認めた情報

通知

「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律の一部の施行(医療事故調査制度)について」

(平成27年5月8日医政発0508第1号)
 

センターへの報告方法について

○以下のうち、適切な方法を選択して報告する。

  • 書面
  • Web上のシステム

 

センターへの報告事項について

○以下の事項を報告する。

  • 日時/場所/診療科
  • 医療事故の状況
    ・疾患名/臨床経過等
    ・報告時点で把握している範囲
    ・調査により変わることがあることが前提であり、その時点で不明な事項については不明と記載する。
  • 連絡先
  • 医療機関名/所在地/管理者の氏名
  • 患者情報(性別/年齢等)
  • 調査計画と今後の予定
  • その他管理者が必要と認めた情報

 

センターへの報告期限

○個別の事案や事情等により、医療事故の判断に要する時間が異なることから具体的な期限は設けず、「遅滞なく」報告とする。

※なお、「遅滞なく」とは、正当な理由無く漫然と遅延することは認められないという趣旨であり、当該事例ごとにできる限りすみやかに報告することが求められるもの。

このページの先頭へ